河村書店

人文系イベント紹介サイト

本当に「意識が高くなければ生き残れない」のか?

第199回J.I.フォーラム  3月31日(月)開催
――――――――――――――――――――――――――――――

「レジェンドの地、国立競技場を捨ててよいのか」

スポーツは私たちに感動をくれます。そして「レジェンド」が生まれます。1964年の東京オリンピックは、メダル云々を越えてすべてが「レジェンド」です。そして、現国立競技場そのものも「レジェンド」です。それは選手と観客と競技場が一体となって、日本の戦後復興、再生のシンボルになったからです。その20年前には冷たい雨の中で動員学徒の壮行会が行われた同じ場所がきらきらと輝く場所になったからです。だからこそ、今でもスポーツマンたちが、あの聖火台を磨き続けているのです。


国立競技場の建て替えには、デザイン選定の不透明さや建設・維持費用の大きさなど多くの問題があります。加えて「神宮外苑の歴史的文脈」という視点からも2020年オリンピックの意義を考えたいと思います。

○日 時: 3月31日(月)18:30〜20:30(開場18:00)


○会 場: 日本財団ビル2階 大会議室


○ゲスト:
後藤 健生(サッカージャーナリスト)
さかもと 未明(アーティスト)
松隈 洋(京都工芸繊維大学 教授)
コーディネーター:加藤 秀樹(構想日本 代表)


○フォーラム参加費:一般 2,000円 / 学生 500円(学生証提示)
         (シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費 : 4,000円


○懇親会会場  「頤和園(いわえん)溜池山王店」 港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531

フォーラムへの参加はHPのフォームから、もしくはこのメールにご返信をお願いします。
http://www.kosonippon.org/forum/regist.php?m_forum_cd=321)

3/31(月) 20:00- 本当に「意識が高くなければ生き残れない」のか?――20代のための「キャリアとお金」のぶっちゃけ話 秋山進×竹内幹×水無田気流×南章行×宇野常寛×堀潤(司会)
2014.03.13お知らせイベント生放送
このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る


本当に「意識が高くなければ生き残れない」のか?――20代のための「キャリアとお金」のぶっちゃけ話

nowprinting_icon

▼出演者
秋山進(コンサルタント)、竹内幹(経済学者、一橋大学大学院准教授)、水無田気流社会学者、詩人)、南章行(株式会社ウェルセルフ代表取締役)、宇野常寛(評論家)
【司会】堀潤(ジャーナリスト)
and more…

▼概要
いま若者を取り巻く状況は、厳しい労働環境、企業の社員育成力の低下、
若者の家族づくりの難しさ、新卒一括採用の是非……と論点が山積状態。

今回は、流行の「意識高い系」にも、逆張りのヒガミ系にもなれない人たちを対象に、お金、余暇、キャリアプランなど、登壇者の経験を交えてゼロから「働く」ということを考えます。

▼開催スケジュール
2014/03/31(月) 19:30 open/20:00start

▼会場
SHIBAURA HOUSE(アクセス)
(JR田町駅徒歩5分)

▼チケット
一般:2,000円
PLANETSチャンネル会員特別割引:1,000円
PLANETSチャンネル会員(月額840円)になると、
平日ほぼ毎日様々なジャンルのメルマガが届き、
月5〜10本の生放送、過去のイベントのアーカイブ動画も見放題です!

チャンネル会員限定チケット
http://wakusei2nd.cart.fc2.com/ca3/47/p-r-s/
一般チケット
http://wakusei2nd.cart.fc2.com/ca3/48/p-r-s/

▼出演者プロフィール
秋山進(あきやま・すすむ)
プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社代表取締役リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業からベンチャー企業外資、財団法人など様々な団体のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、組織設計、事業継続計画、コンプライアンスサーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。京都大学卒。国際大学GLOCOM客員研究員。麹町アカデミア学頭。

竹内幹(たけうち・かん)
1974年生。一橋大学大学院経済学研究科准教授、ミシガン大学経済学PhD 、Caltechポスドクを経て現職。専門は公共経済・実験経済学。5歳児・2歳児を育児中(フルタイム共稼ぎ)の兼業主夫でもある。

水無田気流(みなした・きりう)
1970年。詩人、社会学者。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。立教大学社会学部兼任講師。2013年から朝日新聞書評委員をつとめる。 著書に『無頼化する女たち』(洋泉社新書)、『黒山もこもこ、抜けたら荒野』『平成幸福論ノート』(田中理恵子名、光文社新書)、共著に『女子会2.0』(NHK出版)などがある。詩集『音速平和』(思潮社)で中原中也賞を、『Z境』(思潮社)で晩翠賞を受賞している。新著に『無頼化した女たち』(亜紀書房、『無頼化する女たち』を改題し新規加筆を追加)。

南章行(みなみ・あきゆき)
1975年生、愛知県出身。ウェルセルフ代表取締役CEO。音楽を使った若者向け社会起業プログラム、NPO法人ブラストビートの日本展開、NPO法人二枚目の名刺の設立などを手がける。現在、みんなの「得意(経験・知識・スキル)」をワンコインの500円で売買するインターネットフリーマーケット「ココナラ」を展開している。
▼LIVE中継
イベントに参加できない方へ、同時放送あります!(PLANETSチャンネル会員限定)
ニコニコ生放送」のタイムシフト予約はこちらから!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv172434872



http://wakusei2nd.com/archives/3797