河村書店

人文系イベント紹介サイト

現代政治哲学講義

現代政治哲学講義

首都大東京教授・社会学者 宮台 真司
政治社会学者 堀内 進之介

土曜日・時間 18:30-20:00(他)・回数 全3回 日程 2010年 10/23, 11/27, 12/11
受講料 10-12月(3回)  会員 9,450円 一般 11,340円
教材費 − 設備維持費 −
講座内容
まず2回にわたり、リベラル・コミュニタリアン論争として知られる現代政治哲学の代表的な理論的対立を概説します。この論争はジョン・ロールズが1971年に『正義論』を上梓したことをきっかけとして、<各人の自由と平等を保障することを重視しつつ、各人が抱く価値観(善の構想)に関しては中立であることが「正義」にかなった社会の在り方だ>と主張するリベラリストと、<自由かつ平等で自律した個人というリベラリストの見解は虚構であって、人間は誰しも共同体に埋め込まれた存在なのだから、自由も平等も、共同体との関係で理解されねばない>としたコミュニタリアンの間でおこったものです。
ロールズ、サンデル、マッキンタイア、テイラー、ウォルツァー、ラズなど多くの論者の意見をもとに二つの思潮の対立点を整理し、3回目には宮台氏が参加してこの対立について討議します。            
(堀内・記)

カリキュラム
 −
各自準備
講師紹介
宮台 真司(ミヤダイ シンジ)
1959年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。
著書に『権力の予期理論』『終わりなき日常を生きろ』『世紀末の作法』『まぼろしの郊外』『透明な存在の不透明な悪意』『戦争論・妄想論』『絶望から出発しよう−That’s Japan−』ほか多数。共著に『学校が自由になる日』『漂流するメディア政治』『憲法対論』『ニッポン問題・M22』『幸福論』ほか多数。

 
堀内 進之介(ホリウチ シンノスケ)
1977年生まれ。青山学院大学大学院非常勤講師。現代位相研究所・首席研究員(政治社会学者)。専門は、政治社会学・歴史社会学。共著に『幸福論−共生〉の不可能と不可避について』(NHKブックス)、『ブリッジブック社会学』(信山社)、『本当にわかる社会学』(日本実業出版)、『システムの社会理論』(勁草書房)などがある。

備考
※講師の都合により急な日程変更が生じる場合がございますが、何卒ご了承お願いいたします。

http://www.asahiculture-shinjuku.com/LES/detail.asp?CNO=89148&userflg=0

■[展示室より][企画]トークイベント「コミケ誕生打ち明け話」 13:04
 10月1日よりスタートする企画展示コーナー:「コミックマーケットの源流」の関連トークイベントを行います。

 今や3日間で約56万人を集める、世界最大規模の同人誌即売会へと発展したコミックマーケットが誕生した当時のことを伺います。

タイトル:コミケ誕生打ち明け話

講師:霜月たかなか亜庭じゅん高宮成河

日時:2010年10月23日(土) 16:00〜17:30

会場:米沢嘉博記念図書館2階閲覧室

料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

2010-09-19 - 米沢嘉博記念図書館報

三浦展+SML著『高円寺 新女子街』刊行記念セミナー

「建築女子が見た高円寺〜都市と地域と東京の未来を考える」


ご案内(最終版)

2010/09/17
カルチャースタディーズ研究所
三浦展



趣旨 
そのガーリーな装丁とは裏腹に(必ずしも裏腹ではないが)、本書はジェーン・ジェイコブスが現代日本若い女子を装って書いた「日本の大都市・東京の死と生」のような本でもある。そこで本書の刊行を記念し、三浦+建築女子SMLのミニ講演会、そして建築集団みかんぐみ曽我部昌史さん、竹内昌義さんをお呼びしての座談会を開催、高円寺から新しい都市と地域と東京を考えます。


構成
1. 講演 今なぜ高円寺か? 三浦展
2. 講演 建築女子が見た高円寺の魅力 SML
3. 座談会 都市と地域と東京の未来 みかんぐみ曽我部昌史、竹内昌義)+三浦展

日時 2010年10月23日 土曜日 17時から19時
場所 高円寺駅北口庚申通り 庚申会館 2階 会議室
http://www.koshin-bunka.com/
注意:「まだ入れるか?」という問い合わせは庚申会館にはしないでください。まあ、全然入れないことはないと思いますので。入れなかったら、高円寺の街を歩いて楽しんでみましょう。また、セミナー後の二次会だけでも参加して下さい。

料金 500円(消費税込み、学割なし)

定員 70名くらい+立ち見20人くらい(予約なし、早く来た順)
予約ではないですが、大体何人来られるかを確認するため、参加予定者は三浦までご連絡ください。
 zarath★culturestudies.jp
★をアットマークに変えて送信して下さい。

なお会場で本を販売します。会場で買いますと消費税分お安くなります。
サイン会もあるでしょう。

また、10月17日から24日に、庚申会館1階ギャラリーでは、本書で使った写真の一部を大きく引き伸ばした写真を展示します。(ギャラリー入場は無料)

何卒よろしくお願い申し上げます。

三浦展+SML著『高円寺 新女子街』刊行記念セミナー | カルチャースタディーズ研究所からのお知らせ

23
(土)
CRT & レココレ Presents Vol.134 @阿佐ヶ谷ジャズストリート
CRTの《しゃべるジャズ喫茶》

音楽評論家・萩原健太と愉快な音楽仲間たちがお送りする人気トーク&ライブ《CRT》が阿佐ヶ谷ロフトAに初登場。
聴いてしゃべって飲んで笑って、こんなジャズ喫茶みたことない!?

【出演】
萩原健太(音楽評論家)
能地祐子(音楽評論家)
湯浅学(音楽評論家)

【ゲスト】
渡辺康蔵 (サックス奏者from 吾妻光良とザ・スウィンギン・バッパーズ)
他、飛び入りゲストあり!?

OPEN 18:00/START 19:00
前売り/当日¥1,500(ともに1DRINK代別)

※CRTスタンプカード、または阿佐ヶ谷ジャズストリート共通パスポートをお持ちの方は¥200割引!!
予約は以下URL、または電話(03-5929-3445 17:00〜24:00)にて受付中。
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=492

『哲学への権利――国際哲学コレージュの軌跡』(2009年)
10月23日(土)(開場12:30)上映=13.00-14.30 討論=14.40-
明治大学 駿河台校舎リバティータワー2階 1021教室(先着順300席)
ゲスト:合田正人、菅啓次郎、岩野卓司、桜井直文(明治大学
主催:明治大学教養デザイン研究科・文学研究科
http://www.meiji.ac.jp/index.html

映画監督五十年 吉田喜重
Kiju Yoshida Retrospective
2010.10.5-10.31
主催:東京国立近代美術館フィルムセンター
協力:現代映画社、横浜美術館
イベント情報 トーク・イベント
※入場無料(当日1回目の上映をご覧になった方は、そのままトーク・イベントに参加することができます。トーク・イベントのみの参加もできます)。
日程:10月23日(土)
時間:3:00pm-
ゲスト:青山真治氏(映画監督)
上映会情報映画監督五十年 吉田喜重